からだの内側からキレイになるの最終回です。 キレイになるための奥義は、『美意識を持つ』こと。 あなたは、あなたが思った通りのあなたになれます。 そう。 潜在意識が外見に与える影響は見逃せません。 常日頃から、「キレイでいよう」とする美意識をもつことが、自然とキレイになるコツなのです

内側からキレイになる奥義を伝授します!

2018/09/14

内側からキレイになる奥義を伝授します!

内側からキレイになる奥義 さて、からだの内側からキレイになるの最終回です。

キレイになるための奥義は、『美意識を持つ』こと。 あなたは、あなたが思った通りのあなたになれます。

そう。 潜在意識が外見に与える影響は見逃せません。

常日頃から、「キレイでいよう」とする美意識をもつことが、自然とキレイになるコツなのです。

美意識が全くない状態では、肌が荒れようが、太ろうが気にならなくなってしまいます。 「キレイになりたい!」と強く意識することから始める必要があるのです。

そうしたマインドを持つことができて初めて、生活習慣を改善したり、きちんと食事をすることが継続できるようになるのです。

内側からキレイになるという話題は、どうしてもサプリメントに頼る話になりがちですが、サプリメントはあくまで補助だということを忘れてはなりません。 食事もせずにサプリメントを飲むかたもいますが、吸収が悪くなれば何を飲んでも意味がなくなります。

効果を確実にするには、やはり睡眠を充分にとって朝昼晩しっかり食事して、生活のリズムを安定させることが重要なのです。

そして、ストレスをためない生活がからだの内側からキレイになるには大切です。ストレスとの付き合いかたにも工夫がありますが、それはまたの機会にお伝えしたいと思います。

洗顔料を適量

洗顔料を適量取り出しましょう。

洗顔料を多く使っても肌に余分な負担をかけるだけです。かならずよく泡立てて使用します。

ぬるま湯(または水)を含ませながらたっぷり泡立てます。泡を集めたら、顔のTゾーン、Uゾーン、目元、口元の順に泡を広げます。

自分の手指で洗顔料を肌にこすりつけるのではありません。洗顔料の泡で汚れをつつむようにして、汚れを除く感覚です。

さあ、最後は、ぬるま湯でしっかりすすいでくださいね。これで洗顔の完了です。

美肌を目指すにはヒアロディープパッチがおススメです!

ヒアロディープパッチの口コミや効果

ほたての料理 レシピいろいろ

さばくのが大変なイメージがありますが、ほたてはお刺身以外にも、色んな料理に幅広く使う事が出来る身近な食材です。

そして意外と知られていませんが、中華料理などではダシとしてよく使われている程とても旨みのある食材なので、是非その旨みを色んな料理で味わってみて下さい。

新しい発見が結構あると思います。

◇ほたてのお刺身

【ほたて物語】貝のお皿のお刺身ほたてのお刺身は定番ですが、盛り皿に一工夫。

お刺身に最適な貝は貝殻も大きいので、貝焼き用のお皿にする他に、お刺身を盛るお皿の代わりに使うと趣があります。

貝殻は一般的に、茶色い方が浅く、白い方が深目なので、盛る時は白い貝の方がお刺身を盛り付けやすいでしょう。もし座りが悪いようでしたら浅い方の貝殻を使ってみて下さい。

子柱は貝柱ごと輪切りにされる事が多いですが、子柱だけ別に分けて召し上がってみると違う食感が味わえるので、是非一度お試し下さい。

小鉢にお刺身を盛って貝皿の上に乗せてみたりしてお客様をおもてなしすれば、また違った雰囲気が味わえます。

左の画像ではヒモもお刺身にして、月見草の花びらにわさびをのせて添えてみました。